石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

のとじま水族館

アイコン凡例

住所石川県七尾市能登島曲町15部40
連絡先TEL 0767−84−1271
営業時間3月20日〜11月30日 9:00〜17:00
12月1日〜3月19日  9:00〜16:30
(入館は閉館の30分前まで)
定休日12月29日〜12月31日
料金入場料:一般1,850円、3歳以上中学生以下510円
イルカとのふれあいビーチ:一般2,050円、小・中学生1,020円
イルカとのふれあいプール:一般510円、3歳以上中学生以下300円
エサやり体験:カワウソのおやつタイム(数量限定 先着順) 100円
ゴーカート(1台1周) 510円、バッテリーカー(1回) 100円
海つりセンター:入場料 一般510円、小・中学生300円
駐車場1,100台
備考イルカ・アシカショー、ペンギンのお散歩タイムなど、様々なイベントがあります
HP のとじま水族館

「知っているようで、知らない海の生き物」
ここでは約40,000匹の生物が飼育され、普段見ることができない彼らの様子を観察できます。
2010年夏、日本海側で唯一となる、ジンベエザメの展示が「ジンベエザメ館 青の世界」で始まりました。ジンベエザメは、成長すると10m以上になる最も大きな魚類。その大きなジンベエザメが、目の前をよぎる姿は圧巻です。
珍しいクラゲの展示や回遊水槽があり、ドーナツ型の水槽を大型回遊魚が泳でいます。
「イルカたちの楽園」では、イルカやペンギンたちが泳ぎ、水槽から顔を出してくれます。プール下には、アクリルガラスのトンネルがあり、イルカやペンギンたちの泳ぐ姿を観察。まるで、彼らと一緒に海にいるようです。
その他、園内ではイルカ・アシカショーやペンギンのお散歩など、毎日多彩なイベントが催され、家族そろって楽しむことができる施設です。

                            (H27.3 現在)

イルカたちの楽園の海中トンネル。イルカやペンギンの速い泳ぎにびっくり!

イルカ・アシカショー(開始10:00,11:30,13:00,14:30,16:00)

イワシのビッグウェーブ

ユーモラスなアザラシの泳ぎ

ペンギンのお散歩タイム(開始10:30,13:30,15:00)

マナブの体験日記
「すいぞくかんのバックヤード探検」
今日初めて、家族みんなで水族館の裏側に入りました。飼育員のお兄さんの案内で、ワクワクしながら入ったとたん、なじみのある匂い。「お魚屋さんの匂いだ」と言うと、お兄さんが「そうだよ、ここはお魚さんの施設だからね」と、笑って答えてくれました。その後、海水の浄化施設や魚の病院、エサを作る調理場などを見て回りました。いろんなことを勉強したよ。

パパの日記
いろんなイベントが時間刻みで開催されているので、ついつい時計を気にしてしまいましたが、水族館のホームページにはショータイムを効率的に見られるモデルコースの案内があり便利でした。
午前は順路に沿っていろんな水槽を自由に見て歩き、午後からモデルコースのようにラッコのお食事タイム→イルカ・アシカショー→ペンギンのお散歩→アザラシのお食事→マダイのショー、と半日駆け足。それでもイルカのふれあいプール(ビーチ)は体験できなかったので一日では廻りきれない楽しさでした。ゲンキは動物のバッテリーカーにも乗りたかった様子。
ただジンベエザメは時を忘れてゆっくり水槽の前に居たいところ。また、敷地内の海づりセンターも、海の上の桟橋でゆっくり釣りをすれば気持よさそうなところ。クラゲの水槽やタコの動きも密かにもっと見ていたかったのでリピまちがいなし。次はいつにしようかな!ショーやイベントは土、日、祝日を中心に開催しているので注意しなくっちゃ。

水族館裏側探検で見たお魚たちのご飯。(繁忙期を除く毎土曜日10:40/13:40先着10名)

入り口付近全景

ジンベエザメの水槽

釣り桟橋

いろんなバッテリーカー

ふわふわ舞うクラゲの水槽

くねくねぐにゃぐにゃミズダコ

バスもバス停もかわいい



体験名 親子宿泊体験


「ジンベエザメと青い夜を・・・」
親子で夜の水族館を体験します。実施予定はのとじま水族館に直接お問い合わせ下さい。
体験期間 詳しくはのとじま水族館にお問い合わせ下さい。
体験実施時間 未定
予約未定
料金未定
所要時間未定
ページ先頭へ