石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

能登上布会館

アイコン凡例

住所石川県鹿島郡中能登町能登部下134部1番地
連絡先TEL 0767-72-2233
営業時間【4〜9月】 9:30〜16:00
【10〜3月】 9:30〜15:00
定休日月曜(祝日の場合は翌日)・年末年始
料金入館料 無料
駐車場カルチャーセンター飛翔の駐車場を利用してください。
備考家紋を入れたのれんを、オーダーできます。
HP 中能登町

「中能登の伝統産業を守る」
「能登上布」は中能登の伝統産業で、石川県の無形文化財に指定されています。ここは、その保存と継承のために設立された施設です。
 準備段階から機織りまですべて手作業で行われ、織手の熟練の技や、代々受け継がれた織機や作業道具を間近に見学できます。また、機織りの体験もできます。                        (H28.10 現在)

能登上布会館 外観

会館はアッピー鹿西の敷地内です

玄関

体験場

 見学される方々

展示室 販売もできます

 ママの日記 「麻独特のサラリとした肌触り」

上布(じょうふ)とは、細い麻糸を平織りしてできる、さらりとした張りのある上等な麻織物。縞や絣模様が多く、夏用和服に使われる…とあります。普段はラクチンな洋服ですごすことが多く、着物を着る機会がほとんど無かったので「能登上布」という織物も、その名前を聞いたことがあるという程度でした。以前、お土産に頂いたテーブルセンターの手触りの爽やかさが好きで、今回は中能登観光の途中に機織りの見学をさせていただきました。
間口の広い玄関をあがると、会館というより開放的な民家の居間といった感じ。日当たりが良く明るい室内に何台もの機織機(はたおりき)が並んでいました。作業が途中になった織機や、トントンと音を立て仕上がり間近の織機など反物の柄は様々です。地元の女性方が熱心に機織の手を止めて説明してくださいます。複雑な工程の為に一日に数十センチしか織れないという細かく正確さを要する熟練の技や、色々な道具を間近に見ることができるのは貴重な体験でした。

機織りをすぐ横で見せていただきました

熟練の技です

機織り場には初めて見るものばかりでした 一枚の布になっていく様子…

機織り機

着物はとても高価です

上品な能登上布の織物

小物の販売 お土産によろこばれそう!


会館内の販売コーナーでは、ランチョンマットやコースター、巾着やポーチなど能登上布の小物類がお手頃価格で購入することができます。
機織り体験は要予約です。


体験名 はたおり体験


職人さんのはたおり機を使い、能登上布を織ってみる、本物志向の体験です。
2回目の体験から料金が安くなります。
体験期間 通年
体験実施時間 時間のかかる体験なので、午前中に始めて下さい。
予約要予約
料金(白糸)1500円/30cm、3,000円/70cm(色糸)1,600円/30cm、3,200円/70cm
所要時間時間がかかる体験です
ページ先頭へ