石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

石川県立伝統産業工芸館 

アイコン凡例

住所石川県金沢市兼六町1-1(兼六園内)
連絡先TEL 076-262-2020
営業時間9:00〜17:00(入館は16:45まで)
定休日4月〜11月は毎月第3木曜日、12月〜3月は毎週木曜日及び年末・年始(祝日の木曜日は除く)
料金入館料金 1階 無料 2階 大人(18歳以上)260円 大人(65才以上)200円 小人(17才以下)100円
駐車場12台
備考北鉄バス 出羽町下車 徒歩3分。
兼六シャトル 成巽閣前下車 徒歩1分。
HP 石川県立伝統産業工芸館 

「伝統工芸の今を知ろう」
石川県の伝統的工芸品36業種を常設展示。月替りの企画展やミュージアムショップも充実。伝統工芸士による土・日・祝の実演・体験や各種ワークショップ・スクールを常時行っている。詳しくはHPで!

                            (H29.3 現在)

水引体験

2階 珠洲焼展示

2階 金沢和傘展示 

1階 電話ボックスにも伝統工芸の技が!

セルフカフェ

 ママの日記
  
「工芸館 Coffee Schoolでおいしいコーヒーの淹れ方と九谷焼カップを楽しむ!」

金沢市兼六町にある「石川県立伝統産業工芸館」で開校される「工芸館コーヒースクール」の内容に興味を持ち、全3回のコースの1回目に参加をしました。
この「工芸館コーヒースクール」が行われる正面入り口から奥のセルフカフェへは、天井が高く中庭からの光が燦々と入る明るい通路を通っていきました。はじめに、コーヒーを楽しむ為に使用する九谷焼の1点物の作家さん達のコーヒーカップから、参加者一人一人が好きなカップを選ぶことからはじまりました。今回使用したカップは気に入れば購入することもできるそうです。各自のカップを選び終えたら、コーヒーアドバイザーの先生から、コーヒー豆知識と今回使用するハンドドリップのお話を、留意点を書き留めながら聞きました。お話を聞いて、コーヒー豆ができる期間が3年で、人の手で摘み取り、土をならすなど手間がかかる事など再認識させられました。
次にハンドドリップ実践となり、先生がお手本を見せながら、注意すべき事柄を説明してもらえるので理解がはかれました。各テーブルでハンドドリップの実践をおこなうのですが、聞いた通り実践をするのは少々難しさはありましたが、各テーブルそれぞれで個性的なコーヒーを淹れる事ができ、自分達で淹れたコーヒーと用意されたクッキーでコーヒータイムを楽しむことができました。
参加された皆さんが熱心だったので、時間の経過が早く色んな嗜好で友達を喜ばせるアレンジコーヒーは、和気あいあいとする中テンポよく進み、美味しくタメになる時間はあっという間に終りをむかえました。最後に、スクールで学んだ内容を、自宅でもすぐに実践できるように、コーヒー豆のお土産も付いていました。
次のコースも受けたいと思わせる、楽しさとタメになる「工芸館コーヒースクール」に参加できて良かったです。

九谷焼作家カップ

生豆と焙煎豆

コーヒースクール冊子

コーヒードリップ準備

コーヒードリップ

コーヒータイム

アレンジコーヒー

お持ち帰りコーヒー豆



1階奥にあるセルフカフェは、中庭が見える日当たりのいい穴場的な休憩スポットです。「兼六園」小立野口と会館西口が目の前なので、散策のプランに加えてもいいですね。



会館西口からは兼六園への近道です。
ライトアップなどの特別な期間も時間を延長して開館しています。


体験名 水引ぽち袋


和紙を折り水引を伝統形に結びぽち袋を仕上げます。
空いていれば、随時体験可能ですが、5人以上で体験希望の場合は3日前までに電話予約をお願いします。
体験期間 通年
体験実施時間 開館時間内
予約4人までは不要
料金400円
所要時間30分

体験名 繭細工


まゆ玉をカッターで切りフエルトや千代紙を貼り人形を作ります。
*5人以上で体験希望の場合には3日前までに電話予約をお願いします。
体験期間 通年
体験実施時間 開館時間内
予約4人までは不要
料金400円
所要時間30分

体験名 組子のコースター


木のパーツを自分で組んで作るコースターです。
※5人以上で体験希望の場合には、3日前までに電話予約をお願いします。
体験期間 通年
体験実施時間 開館時間内
予約4人までは不要
料金1,000円
所要時間30分
ページ先頭へ