石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

越山甘清堂 本店

アイコン凡例

住所石川県金沢市武蔵町13−17
連絡先TEL 0120-548-414
TEL 076-221-0336
(受付9:00〜18:00)
営業時間9:00〜18:00
定休日水曜日
料金
駐車場6台
備考
HP 越山甘清堂

創業より125年、金沢の文化や伝統を感じさせるお菓子を大切に作り続けている老舗。
季節の行事や歳時、風習に合わせた生菓子やお饅頭を豊富に揃えています。大判の酒饅頭「焼まん」には、表面に金沢の名勝、名品の焼印が押され、息の長い看板商品となっています。金沢銘菓「金城巻」が好評です!


                           (H29.3 現在)

外観

店内

絵画のような季節の上生菓子

焼まんの大はもう売切れていました

お店の中には越山茶房

金花糖

金花糖のセット

ママの日記
「春の気配を感じに」

この時期ならではの金花糖の色付け体験に行ってきました。
金花糖は桃の節句にお供えする砂糖菓子、天地万物(海・山・里)の物をかたどり、子どもの健康を願いました。
訪れた越山甘清堂は金沢の老舗和菓子屋さん。外はまだまだ雪もちらつくなか、店内はすっかり春の雰囲気、入り口には季節の上生菓子が絵のように出迎え、華やかです。
この季節はひなあられや菱餅と共に、お目当ての金花糖も並んでいました。もちろん、定番の焼まんや金城巻も。店内横のスペースには店頭商品もいただけるお休処「越山茶房」もあります。
階段を上がると机が並び、砂糖で作った真っ白の形の金花糖が参加者ぶん置いてありました。まずは職人さんが金花糖の説明や色付けの仕方を教えて下さいます。真っ白の中は空洞なので強く持たないように、やり直しはできない等。そのままいただくお菓子なので、持つ方の手に手袋をし、その真っ白な上に筆で色の付いた砂糖水を塗って仕上げていきます。簡単そうですが、きれいなぼかしに四苦八苦。最初は机に座って仕上げていたのですが、いつのまにか先生の回りに集まって、手元を参考に真剣な作業へ。
色が鮮やかなだけに、失敗が目立ちそうで慎重に、慎重に。淡い色を順に濃くしていきます。無事、完成品になりました。もちろん食べられますが、3月3日までは大事にお雛様の隣に。今年は一段と華やかな雛飾りになりました。

金花糖色付け体験の材料

体験の様子。隣には茶室「石翠庵」

色を付ける

職人さんを囲んで

鮮やかな色が華やか

型にはいろんな種類があります。

ぼかしもきれいに完成

プレゼントにも


お雛様の後、金花糖はそのまま食べるのもOKですが、純粋な砂糖なので、砕いてコーヒーに入れたり、料理に使ったりも出来ます。


体験名 和菓子手作り


上生菓子2種類を2個づつ、または金花糖の色付け2個(季節限定)の体験ができます。
体験期間 通年
体験実施時間 木・土曜日の13:30〜、15:00〜の2回
予約要予約
料金大人1,000円、小学生800円
5人以上でお一人様100円割引
所要時間約40分
ページ先頭へ