石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

夕日寺健民自然園

アイコン凡例

住所石川県金沢市夕日寺町ハ116
連絡先TEL 076-251-7554「里山ふるさと館」
営業時間【里山ふるさと館・体験工房・ふれあいセンター】
9:00〜17:00
【自然園】
終日開放
定休日【里山ふるさと館・体験工房・ふれあいセンター】
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
【自然園】
無休
料金無料(使用する燃料は利用者負担/有料)
詳しい情報は要問い合わせ
駐車場約50台
備考【里山ふるさと館】
自然や里山学習のセミナー利用や自由に休憩・見学ができます。

【体験工房】
木工作や竹細工、ワラ細工、そば打ちや山菜料理教室などの実習や調理に利用できます。

【イベント・催し】
「夕日寺里山探訪」(無料)(ガイドウォーク)、「夕日寺里山楽習塾」(有料)など、どなたでも参加できる「いしかわ自然学校」の自然体験プログラムを実施しています。

※里山の自然をそのまま生かした施設です。スズメバチやマムシ、クマなどの危険な生物も棲息しています。活動には十分注意して下さい。
HP 石川県 夕日寺健民自然園

「里山を楽しむ自然園」
かつては、人々の生活とともにあった里山。ここはその里山の自然を楽しみ、体験できる自然園です。面積は約77ヘクタールもあり、「ふれあいセンター」や「里山ふるさと館」などの施設を中心に、芝生広場、自然観察歩道、トンボサンクチュアリーなどが敷地内に点在し、石川県の里山活動のモデル拠点施設に位置づけられています。
園内にはこれらの施設を結ぶ散策路が整備され、「里山ふるさと館」と「ふれあいセンター」を起点とした、5つの「里山お散歩コース」が用意されています。もっとも短い「らくらくコース」は全長約400m、所要時間約20分。もっとも長い「どきどきコース」は全長4.5km、所要時間約2.5時間のコースです。
おすすめは「森林浴・ルンルンコース」。全長800m、所要時間約40分で、ここのメインコースになっています。
自分の体力、実力に合わせ里山を散策、自然に触れてみよう。

                           (H28.10  現在)

里山ふるさと館、旧鳥越村から移築した藁葺きのシンボル施設

体験工房内部、竹やワラ細工などいろいろな実習に利用できます。

園内案内図

クマ対策用の鈴

この里山の中を散策します。

園内の歩道

マナブの自然観察日記
「がんばれトンボたち」

今日、ここのトンボサンクチュアリーにいってきました。サンクチュアリーは、お米を作らなくなった7つの田んぼを利用して、トンボたちが住みやすいようにした池でした。
ボクが行った時は、その池の上を、見たことのない細い糸のようなトンボや、胴の短いトンボなど、何匹もトンボが飛んでいました。
でも、ガイドのおじさんは、「最近、外来種のアメリカザリガニが増え、トンボの数が随分少なくなりました」と言っていました。ザリガニが食べてしまうので、トンボの幼虫、ヤゴのエサが少なくなっているそうです。ヤゴたちも食べられているとか…。今、一生懸命ザリガニを駆除しているそうです。また、誰でもザリガニ釣りをして駆除に参加できるそうです。
今飛んでいるトンボたちは、そんな戦いに生き残ったトンボたちだと、おじさんは言っていました。
今日は、初めて見たトンボが随分いました。トンボっていっぱい種類があるんだ。ここでいっぱい育ってね。頑張れ、トンボたち。

トンボサンクチュアリーへの道標

この道の下にサンクチュアリーが

里山散策路の道標

多目的トイレ

トイレ内部

駐車場からふれあいセンターまで続く階段です。

障害者の方はお電話を


ここは、小さな子どもたちを連れ散策するには、大変な場所です。小さな子どもたちは、「ふれあいセンター」前の芝生広場で遊ばせるのが無難みたい。ベビーベッドがあるトイレは、芝生広場から少し離れた「里山ふるさと館」横にあります。


駐車場から「ふれあいセンター」までは、急な階段が続きます。障害のある方は事前に「里山ふるさと館」に連絡をすれば、上の駐車場まで誘導してくれます。
ページ先頭へ