石川めぐりん -めぐりん家族の石川・遊び場ガイド-

星の観察館 満天星

アイコン凡例

住所石川県鳳珠郡能登町字上町ロ1-1
連絡先TEL 0768-76-0101

※コテージの予約 
TEL 0768-76-1680(柳田植物公園)
営業時間9:30〜17:00
定休日木曜日(祝日の場合営業) 
年末年始
料金プラネタリウム料金/大人500円、小・中学生300円
天体観望会参加費/大人300円、小・中学生200円
コテージの宿泊料(1泊1棟)/
12月〜3月第3金曜日まで:2名8,640円、1名追加ごとに2,160円
3月第3土曜日〜11月まで
平日:4名17,280円、1名追加ごとに2,160円
日・祝日、その前日:4名21,600円、1名追加ごとに2,700円
駐車場あり
備考隣接施設には「柳田植物公園」あります。
HP 柳田植物公園
石川めぐりん 柳田植物公園

「全国に知られる、能登半島の天体観測施設」
柳田植物園に隣接する、星の観測施設。澄み切った空気と360°の視界が広がる敷地内には、小型の天体望遠鏡を備えた星形のアストロコテージが6棟。内3棟には天体観測ドームがあり、本格的な天体観測が楽しめます。
本館の天文ドームには大口径60cmの天体望遠鏡があり、星の観察教室「天体観望会」が開催されています。参加した日に見える主な天体を観察することが出来ます。望遠鏡での観察の後は、外で寝転がっていろいろな星座や流れ星を探します。
また、最新のプラネタリウムがあり、毎日上映されています。ゆったりとした座席で、くつろぎながら星空を見ていると、時が経つのを忘れてしまいます。

                            (H26.01 現在)

星形のコテージが6棟点在、内3棟には天体観測ドームが。

ここで星の観察会が行われます。

県内でも最新のプラネタリウム投影機。

この看板が、出迎えてくれます

丘陵の上に、天文施設とコテージが点在しています。

パパの日記
「星、星、星?」
「満天星」に着くなり、天文台の観測ドームを見て子どもたちは大興奮。宿泊するコテージが星形なので、アユミは「星のお家だ」と言って大はしゃぎ。マナブは、室内の天体望遠鏡を見て、夜の天体観測に思いを馳せていた。
一休みしてから家族で天文台へ。残念ながらプラネタリウムの投影時間は終わっていたが、それは明日のお楽しみ。マナブは観測ドームの60cm口径の天体望遠鏡を見て、興味津々。さすが男の子と思っていたら、マナブ以上にアユミが興味を示していた。将来は女性宇宙飛行士の、山崎直子さんのようになるそうだ…本当かな?
夜8時過ぎから、天体観察会。まずは東の空のお月様。望遠鏡の中に広がる月の世界に、子どもたちは興奮気味。その後も、ワイワイ、ガヤガヤ夜遅くまで観察会は続きました。ここは能登半島の中央部、視界を遮る障害物も無ければ、観測の邪魔する灯りもない。「満天星」その名の通り、満天に星がきらめいていたのだ。

星形をしたコテージ、天体観測用のドームがあります。

翌日プラネタリウムでもこんなきれいな星空が見れました★

プラネタリウムでは臨場感溢れる映像も楽しめます♪


一般に星の観察は、空気が澄んでいる冬が最適と言われるけど、それは太平洋側のこと。冬は晴れ間が少ない北陸では晩秋から初冬にかけてが、一番最適なんだって。館長さんが言ってたよ。
ページ先頭へ